肝臓癌の予防について

特に予防が必要なのは肝炎ウィルス感染者です。C型やB型肝炎を発症している人は定期的な検査を受けることが肝臓癌の予防につながります。

肝臓の予防について(つづき)

肝臓は沈黙の臓器といわれます。気付いたときには手遅れなどということがないように生活習慣や定期健診により肝臓癌の予防を行っていきましょう。

肝臓癌は肝炎ウィルス感染者が発症するケースが多くあり、特に肝炎ウィルス感染者のアルコール多飲者は危険性が高いと言われています。

肝炎ウィルス感染者や肝硬変の人は肝臓癌のリスクが高いわけですから、日常生活を見直し予防をするように心がけましょう。

肝臓癌の予防といえばやはり禁酒です。アルコールは肝臓に負担をかけてしまいます。

そしてたん白質の豊富な栄養バランスの取れた食生活も重要です。

また、疲労を残さないための十分な睡眠も重要です。

肝臓癌

特に予防が必要なのは肝炎ウィルス感染者です。C型やB型肝炎を発症している人は定期的な検査を受けることが肝臓癌の予防につながります。

肝臓癌の自覚症状が現れてから受診した場合手遅れにならないとも限りません。年に1回は定期健診を受けること、肝機能に異常がある場合なら半年に一度は検診を受けるようにしましょう。

普段の生活習慣の見直しで肝臓癌を予防し、定期的な検診で早期発見を心がけることが一番です。

また肝臓疾患や肝炎ウィルスに感染していない人でも肝臓癌にならないというわけではありません。ですから定期的な健康診断はとても大切です。

健康診断の血液検査では肝機能の健康状態を見ることができます。健康診断で肝機能に関する数値に異常が表れた場合はすぐに専門医を受診し検査を受けるようにしましょう。

HOME | 肝臓癌の原因 | 肝臓癌の予防 | 肝臓癌の検査 | 肝臓癌の治療方法 | 転移性肝臓癌 | 肝臓癌の手術と生存率 | 肝臓癌の再発

 

Copyright 肝臓癌のすべてがわかる All rights reserved.

privacy