転移性肝臓癌について

肝臓癌は大きく分けると原発性肝臓癌と転移性肝臓癌に分けられます。原発性肝臓癌とはがんが肝臓から発症するタイプで肝臓癌の90%以上がこの原発性肝臓癌だといわれています。

転移性肝臓癌について(つづき)

転移性肝臓癌はほかの臓器の癌が転移したことによって発症する肝臓癌です。最も多いのが肺がんからの転移で次いで胃癌、膵臓がん、大腸がんとなっています。

肝臓には肝動脈と消化管からくる門脈という2つの血管ルートがあるため血液を通して癌が転移しやすい場所といわれています。転移性肝臓癌も原発性同様初期症状がほとんど現れないため早期発見するためには定期的な検査が必要となります。

転移性肝臓癌の治療には外科的治療と抗がん剤などの薬物治療が行われています。外科的治療の場合手術するためにはさまざまな制限がありますが、大腸がんからの転移の場合は手術適応の大きさで 発見されることが多く、成功率も高くなっています。

転移肝臓癌

肺がんや膵臓がんから転移した肝臓癌は進行していることが多いため手術できない場合がほとんどです。抗がん剤による薬物治療は転移もとの癌に応じて抗がん剤の種類が違ってきます。

原発性の肝臓癌で有効とされている 肝動脈塞栓療法やエタノール注入療法は転移性肝臓癌にはあまり効果がありません。

手術できる場合であれば転移性肝臓癌でも一番有効な治療方法といえますが、手術ができない状態の場合は抗がん剤治療を行っていくことになります。

癌と診断されたとき…やはり気になるのは他の場所への転移です。転移性肝臓癌はさまざまな臓器からの癌の転移で発症するものですから、転移性肝臓癌を予防するためには さまざまな臓器の異常に注意を払う必要があるということです。

HOME | 肝臓癌の原因 | 肝臓癌の予防 | 肝臓癌の検査 | 肝臓癌の治療方法 | 転移性肝臓癌 | 肝臓癌の手術と生存率 | 肝臓癌の再発

 

Copyright 肝臓癌のすべてがわかる All rights reserved.

privacy