肝臓癌の再発について

肝臓癌は早期発見が困難で再発の危険性が多い癌とも言われています。肝臓癌の治療には外科的治療、薬物療法やエタノール注入法、肝動脈塞栓療法などといったさまざまな治療方法が行われています。

肝臓癌の再発について(つづき)

中でも癌細胞を完全に取り除くことができるのが手術ですが、この外科的治療を行った場合でも治療後3〜5年後までに再発する 確率が65%〜75%という統計があります。1年以内でも約30%が再発しています。

肝臓癌の再発が多い原因のひとつに肝炎ウィルスがあります。一度肝臓癌を治療しても肝炎ウイルスによる慢性肝炎や肝硬変になった肝臓はまた新しい癌ができてしまう場合があります。

肝臓癌生存率

もう一つの原因として肝臓癌の細胞が血管を通してほかの臓器に転移を起こす性質があるためと見られています。肝臓癌の再発は他の臓器に現れることは少なく、切除などで残った肝臓の部位に90%以上という高い確率で発症しています。

癌といえば完治しても再発の心配が長いこと続く病気ですね。肝臓癌も例外ではありません。

ですから肝臓癌にも再発が多いということを常に頭に置き定期的に検査を受けることが大切になってきます。ちょっとした異常を見逃さず再発もできるだけ早い時期に発見できるように心がけましょう。

特に手術後1〜2年後あたりが危険といわれているのでその時期は最善の注意が必要です。

肝臓癌の再発であっても現在では治療方法も発達してきていますから、早期発見することによって長い年数普通の生活を続けることができます。

HOME | 肝臓癌の原因 | 肝臓癌の予防 | 肝臓癌の検査 | 肝臓癌の治療方法 | 転移性肝臓癌 | 肝臓癌の手術と生存率 | 肝臓癌の再発

 

Copyright 肝臓癌のすべてがわかる All rights reserved.

privacy