肝臓癌の原因について

肝臓癌の原因はさまざまなものがあるといわれていますが、日本では肝炎ウィルスによる感染が原因となっていることが多いと言われています。また、肝臓癌は女性よりも男性のほうが発症率が高いというデータがあります。

肝臓の原因について(つづき)

男性の場合、肝臓癌の死亡率は肺がん、胃がんについで第3位となっています。

肝臓癌の原因はさまざまなものがあるといわれていますが、日本では肝炎ウィルスによる感染が原因となっていることが多いと言われています。

統計的に見ても肝臓癌と診断された人の90%以上がB型あるいはC型の肝炎ウィルスに感染しています。

一般的にアルコールは肝臓に良くないといわれ、長年の飲酒によって肝臓に異常が現れる場合が多いですが、肝臓癌の場合、アルコールが原因となっていることはあまりないようです。

肝臓癌アルコール

多くの場合肝炎ウィルスによって肝細胞が炎症を繰り返すうちに遺伝子に異変が生じ肝臓癌へとなってしまいます。

中でも多いのがC型肝炎ウィルス感染者の肝臓癌発症で、約70%をしめるといわれています。

肝臓癌には肝細胞から発症する肝細胞癌と胆汁の通り道である胆管の細胞から発症する胆管細胞癌の二つの原発性肝癌と 他の臓器の癌が転移したことによって発症した移転性肝癌といったものがありますが、肝臓癌の90%以上が肝細胞癌で、肝炎ウィルスや肝硬変が原因となっています。

肝炎ウィルスに感染した人が慢性肝炎となり肝硬変に進行してしまうとさらに10年から20年ほどで肝臓癌を発症する確立が高くなっています。

全ての肝炎ウィルス感染者が肝臓癌になってしまうわけではないですが、発症するかもしれないというリスクが あるわけですから、定期的な検査を受け早期発見を心がけるようにしましょう。

肝臓癌は50代に発症が多くみられ、60代や40代の発症も多くなっています。働き盛りのこの年代!家族との生活を守るためにも定期健診は必ず受けるようにしましょう。

HOME | 肝臓癌の原因 | 肝臓癌の予防 | 肝臓癌の検査 | 肝臓癌の治療方法 | 転移性肝臓癌 | 肝臓癌の手術と生存率 | 肝臓癌の再発

 

Copyright 肝臓癌のすべてがわかる All rights reserved.

privacy