肝臓癌の検査について

肝臓癌を克服するためにも異常を感じた場合はすぐに検査を受けるようにしましょう。肝臓癌の疑いがある場合は検査設備の整った総合病院や大学病院の内科や消火器内科などを受診しましょう。

肝臓の検査について(つづき)

肝臓癌の検査には血液検査と画像検査があります。

肝機能の異常を調べるために血液検査が行われますが、肝臓癌を発症していても異常所見が見られないケースもあるため さらに血中腫瘍マーカーが行われます。

さまざまな癌の発見に有効だと言われている腫瘍マーカーですが、肝臓癌の腫瘍マーカーにはAFT(アルファ・フェトプロテイン)やPIVKA-鵺(異常プロトロンビン)といったものがあり AFPは特に有効な肝臓癌の腫瘍マーカーと言われています。

この腫瘍マーカーは肝臓癌だけではなく肝硬変でも陽性になる場合があるため、肝臓癌の検査としてさらに超音波やCTといった画像検査が行われます。

医者肝臓癌

超音波検査は体外から肝臓に超音波を照射して肝臓の状態を検査するもので、短時間で終わりX線などとは違い身体への 悪い影響もない検査方法です。

また超音波ではわかりづらい場合はX線検査であるCTを使って肝臓の裏側まで調べていきます。

他にもMRIや血管造影などによる画像検査もありごく小さな1センチ程度の肝臓癌でも発見できるようになっています。

そして血液検査や画像検査だけでは肝臓癌と特定できない場合は組織検査が行われます。

ただこれらの設備がすべての病院にあるわけではないので肝臓癌の検査を受けるためには設備の整った医療機関を選ぶことが大切に なってくるわけです。

さまざまな検査がありとても大変な肝臓癌の発見ですが、肝炎ウィルス感染者の人は定期的にこういった検査を受けることが大切になります。

HOME | 肝臓癌の原因 | 肝臓癌の予防 | 肝臓癌の検査 | 肝臓癌の治療方法 | 転移性肝臓癌 | 肝臓癌の手術と生存率 | 肝臓癌の再発

 

Copyright 肝臓癌のすべてがわかる All rights reserved.

privacy