肝臓癌の治療方法について

肝臓癌の治療方法には外科的治療と薬物治療が行われています。外科的治療とは手術により癌に侵された肝臓の一部を切除する方法です。この外科的治療は根治治療として最も優れていますが、外科的治療を行うにはさまざまな制限があります。

肝臓の治療方法について(つづき)

肝硬変が悪化していないことや他の臓器に転移していないこと、糖尿病などの合併症がないこと、そして高齢でないことなどです。

正常な肝臓をどの程度残しておくかといった問題点もあり、より癌細胞が小さいほど成功率が高くなっています。

そして薬物治療には他の癌同様抗がん剤による治療がありますが、ご存知のとおり抗がん剤は強い副作用を伴う治療です。

そこで肝臓癌の抗がん剤治療として患部のみに直接抗がん剤を投与するといった副作用が少なくより効果的な方法が用いられています。

肝臓癌治療

また肝細胞はエタノールに弱いため純度の高いエタノールを直接癌細胞に注入するエタノール注入治療というものもあります。

エタノール注入治療は外科的治療と同じくらい効果が高く現在注目されている肝臓癌の治療方法のひとつです。

冠動脈閉塞術も肝臓癌の治療方法のひとつです。これはカテーテルと呼ばれる細い管を肝動脈にとおして癌細胞に栄養を供給している肝動脈を ふさいで癌細胞を弱らせて死滅させていくという方法です。

これらさまざまな治療方法がある肝臓癌ですが、治療を成功させるためにもできるだけ早い段階での発見が大切です。

そして整った設備、信頼の置ける経験豊かな医師のいる医療機関を探し治療を行っていくようにしましょう。

HOME | 肝臓癌の原因 | 肝臓癌の予防 | 肝臓癌の検査 | 肝臓癌の治療方法 | 転移性肝臓癌 | 肝臓癌の手術と生存率 | 肝臓癌の再発

 

Copyright 肝臓癌のすべてがわかる All rights reserved.

privacy